東芝の逆襲
e0039772_233657100.jpg

昨日発売の東芝HD DVD搭載HDDレコーダー『RD-A301』

買ってしまいました。


買ってしまいました!!!

「せっかくのハイビジョンテレビ ブルーレイじゃないと、もったいない」

それは正解ですが、
ハイビジョンを録画する媒体はもう一つあるんです。

HD DVD。

High Definition Digital Versatile Disc[高解像度デジタル多用途ディスク]の略。

これに録画できるレコーダーということになるのですが、
それだけじゃない。

松下からハイビジョン4倍録り、と謳っている製品がありますね。
これはハイビジョン放送をエンコーダーを噛まして圧縮し
普通のDVDにHD画質相当で録画できる(それまではSD(標準)画質でした)、
という新商品ですが、

東芝は無圧縮ハイビジョンのままDVDに焼けます。
もちろん圧縮も可能で、逆にハイビジョンで長く録りたいならHD DVDと、
好きなジャンルでメディアを選べるわけです。

BDとかHD DVDは1枚で¥1,000~1,500しますから、
¥100前後のDVD-R(RW/RAM)に焼けるということはかなり経済的。

とにかくそんなところで、新新商品なんです。
HD DVD自体が従来のDVD資産を流用でき、
結果メディアもソフトも安くなるわけで、
今後の拡大が期待できます。

売り切れ続出はまず間違いないです。


=2/17追記=
残念ながら昨日から、東芝がHD DVD事業を撤退する、と報道されています。
次世代DVDレコーダ(プレーヤ)として本製品を購入すると、
今後発売されるブルーレイソフトは再生できませんので、ご注意下さい。
ただ、DVDレコーダとして買う分には全然問題ないでしょう。
DVDがやっとで普及してきたのに、ブルーレイへ即座に切り替わる事はまずありません。
そもそも次世代DVDが消費者に受け入れられるかもまだ不透明です。


[PR]
by eriewithlove | 2007-12-15 23:37 | おすすめ
<< わ~い§^。^§ マリと子犬の物語 A tale... >>