常識を越えてしまったキットカット!!
↓これ当たってしまったのでレポします。

確かにパッケージも洒落ていて、見た感じでおいしそうな感じ。
でも、自分は、特に、チョコレートにはうるさいので、
ま、正直そんじょそこらのものと変わらないだろう、甘く見ていた。
キットカットというと、ジャンルとしてはどっちかいうと、おこちゃま向けで
ミルキーな甘いイメージが強い。
さて、新商品はというと、、、全然違いました。
キットカットでも過去に色々なフレーバーが出ましたが、こいつは違いました。
最初に「ワイン」を食べたときは、どういう高級バレンタインチョコレートかよ!
と突っ込みたくなりました。
ワインのアルコールさも、ぶどうのみずみずしさもちゃんと残ってました。
でもそんなにしつこくもないので、何個でもいけちゃいます。
次に「ノアール」。
これは真面目なビター系の味です。
でもなんか後味に不思議と酸味が少々ただよう。
原材料名を見ると、オレンジ!?
こだわりがうかがえる仕上がりでした。
ということで、味はもう☆☆☆です。

ただ、パッケージ開けてしまうと、箱が閉まらなくなるのが惜しい。


[PR]
by eriewithlove | 2005-10-10 00:33 | おすすめ
<< 杏さゆり 今していることと、今しかできないこと >>